派遣として工場で働くメリットとは?

工場勤務の働きかたはさまざまですが、そのなかから派遣を選ぶメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。1つ目のメリットは、ライフスタイルに合わせた職場が選びやすいことです。同じ工場勤務といっても、勤務地・勤務時間・勤務内容などは異なります。派遣で仕事を探せば自分が気に入った業務の仕事を選べます。特に勤務時間はワークライフバランスの調整にとても重要な事柄です。仕事とプライベートの両立を考えるなら派遣がよいでしょう。

2つ目はさまざまな工場勤務の経験が詰めるという点です。工場勤務と一言でいっても、何を業務にしているかはそれぞれの工場で異なります。派遣なら、いろいろな工場をめぐって経験をたくさん積むことができます。3つ目は時給が高い仕事が多いことです。工場によっては正社員よりも派遣スタッフの方が高いということも珍しくありません。

派遣ならではのデメリットとは?

もちろん派遣で工場勤務をすることにはデメリットもあります。まず、雇用が安定しないことです。契約期間が決まっていたり、契約の更新が認められないといったことがあります。また、契約更新したとしても、ずっと同じ職場で働けるわけではありません。契約期間が3年を超えると、正社員・契約社員・無期雇用派遣社員など、雇用契約の形態を変える必要があるためです。3年を超えると工場の移動となることがほとんどです。

また、裁量の大きな仕事は派遣には回してもらえません。派遣スタッフはあくまで派遣元と契約する他社のスタッフです。派遣先職員の指揮命令にしたがって業務をするだけです。そのため、アイデアが求められるような業務、裁量権が必要な業務、責任が伴う業務といったものは任せてもらえません。業務範囲が限定的なので、仕事に物足りなさを感じる可能性があります。

愛知は工業の日本を代表する大手企業が多くあります。愛知の工場の募集は、中京工業地帯の中核にあるため特に多いのです。