安定した収入を得ることができる

正社員になることで収入を安定させることができます。毎月の給料が決められており、各手当や福利厚生も受けられるため、派遣やバイトよりも高い収入を得ることができるのです。実績が認められると出世にもつながり、年収がアップする可能性もあります。正社員であることから、経営状態が悪化しても簡単に解雇されるリスクが少ないです。安定した雇用形態である正社員は、定年まで働くことも可能です。転職をせずに同じ工場で働き続け、経験やスキルを磨きながら出世を目指す人も珍しくありません。また、正社員だと社会的信用が高まるため、ローンを組んだりカードの審査に通りやすくなるなど、日常生活において多くの恩恵を受けることもできます。

正社員だと責任が重くなる

正社員になると重要な仕事を任せられることもあるため責任が重くなります。失敗すると会社に損害を与えてしまい、自身の評価が下がってしまいます。出世に響くことにも繋がるため、任された仕事は必ず成功させないといけないプレッシャーがあります。人によっては正社員の責任がストレスとなり、身体に不調をきたすかもしれません。上司や先輩との上下関係に悩んでしまい、職場での居場所が無くなるといったこともあります。また、出世して管理職になり、今までの業務内容との違いに戸惑いを感じることも少なくありません。上手く仕事ができないと自信が無くなり、出世したことを後悔してしまうこともあるでしょう。正社員になると安定して働けますが、重い責任を背負わされるデメリットがあります。

愛知の工場の転職は、業種や仕事内容によりますが、電気や機械に関する資格を持っている人や、製造ラインのリーダーなど責任者を務めた人が特に好まれる傾向があります。